2024/06/08

ガーデニングに!暑さに強い夏の花を選ぶコツ・注意すべきポイント

近年の日本では、真夏日や猛暑日も増えてきました。真夏の高温は植物にとっても過酷な環境です。
今まで普通に育てていた植物も育てにくくなったり、なぜか枯れてしまったりと、上手くいかないことが増えているのではないでしょうか?

今回は厳しい夏の暑さに強い夏のお花を選ぶコツや、注意すべきポイントを中心にご紹介します。
初夏から秋まで長い間楽しめるお花は意外にも種類豊富。まだそれほど暑くない初夏に準備しておけば、夏中美しいお花を咲かせられます。今年の夏は夏の花をメインに、ガーデニングで美しいお花を楽しみましょう。

ガーデニングで育てやすい夏の花を選ぶコツ

ガーデニングで育てやすい夏の花を選ぶコツ

気温と湿度がともに高い日本の夏は、外で長時間作業するのも大変です。
そのため、育てやすい夏の花を選ぶことが大切!

まず、夏の花を選ぶ際には夏の暑さに強い花を選びましょう。気温の高い真夏には花が休みがちになるため、夏でも花が咲くタイプの花がおすすめです。
例えば、気温の高い地域が原産の花は日本の夏にも強い傾向があるといわれています。

また、乾燥や水切れに強い花も、夏の花を選ぶ際に意識したいポイントのひとつ。
夏の間は毎日水やりをしてもすぐに土が乾くため、水切れを起こしがち。そのため、水切れしても枯れにくい花がおすすめです。

暑い夏にも管理が楽な花を選べば、炎天下で作業をする必要がなくなります。咲き終わった花がらをこまめに摘み取る「花がら摘み」や、花の生長を促すための手入れ作業「摘芯(てきしん)」といった作業が不要で、自然に綺麗な花姿に育ってくれる花であれば、とても作業が楽になりますよ。

ガーデニングで夏の花を育てる際の注意すべきポイント

ガーデニングで夏の花を育てる際の注意すべきポイント

ガーデニングで夏の花を育てる際には、水切れに注意しましょう。
水やりのタイミングに関しては「表面の土が乾いたら」が基本です。水のやりすぎは過湿になり、根腐れしやすくなるので注意が必要です。

雨の降らない日が続く場合は、朝夕二回の水やりを意識しましょう。また、夏は虫も活発になります。草花の様子をよく観察し、早めの対処を心がけましょう。

花を庭に植える場合には、一日中強い日差しが当たる場所や、西日が当たる場所は避けたほうが無難です。多湿になると株が腐りやすくなるので、なるべく風通しのよい場所を選びましょう。

鉢植えでベランダやテラスに置く場合は、午後の強い日差しは避けて置きます。鉢植えなどで移動が可能な場合は、午後からは日陰に位置を替えておくと安心です。移動が難しい場合は、日よけ用の不織布などをかけておくと良いでしょう。

関連記事:夏の花といえば?ガーデニングにおすすめの種類の特徴や花言葉

失敗しない夏の花のガーデニングのポイント

失敗しない夏の花のガーデニングのポイント

夏の花でガーデニングをする際には、花の高低差でレイアウトを考えましょう。
夏の花は草丈のバリエーションが豊富です。種や苗を地植えする場合には、植える前に草丈によるレイアウトを考えておくと良いでしょう。

例えば、地面を這うように茎を伸ばすニチニチソウは手前に配置し、背の高いヒマワリをガーデニングの脇などに配置すると、全体的にすっきりとした印象となります。

また、日当たりと風通しもレイアウトを考える上で大切です。日陰になると充分な生育が妨げられるので、ヒマワリなど日差しが好きな草丈が高い夏の花の後ろには、背の低い夏の花は植えないほうが良いとされています。
一日の日当たりや風通しも考えて、夏の花のガーデニングを計画しましょう。

関連記事:夏の花でおすすめの多年草10選!宿根草・一年草・二年草と違い

夏の花をおしゃれに飾るガーデニングの方法

夏の花をおしゃれに飾るガーデニングの方法

夏の花をおしゃれに飾る方法として、グリーンカーテンが挙げられます。グリーンカーテンとは、つる性の植物をネットなどを利用し絡ませながら栽培し、植物のカーテンとして仕立てたもののこと。

グリーンカーテンはおしゃれなだけでなく、直射日光を遮ってくれたり葉の蒸散作用で空気を冷やしたりする役割も担います。お部屋の中から見た景色の美しさは、心をリラックスさせたり和ませたりするなど、心地良い心理的作用ももたらしてくれることでしょう。

また、複数の夏の花を寄せ植えし、おしゃれに飾る方法もあります。
寄せ植えをする際には、植物が好む環境をそろえることがポイントです。日なたや水の具合などの植物が好む環境をそろえることで、花がイキイキと美しく育ちます。
夏におしゃれな寄せ植えを楽しむのであれば、開花時期が同じものを組み合わせると良いでしょう。観賞する際の美しさはもちろん、手入れをする際にも効率よく済ませることができます。

夏のガーデニングにおすすめの花① フェアリースター

夏のガーデニングにおすすめの花① フェアリースター

最初にご紹介する夏の花は、愛らしい咲き姿が魅力的な「フェアリースター」です。
咲き終わった花は自然と落ちるため、基本的に花がら摘みは不要。土の上に落ちた花がらを取り除くようにしましょう。花付きが抜群で育てやすく、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

パステルカラーやホワイト系の優しい花色も、夏にはぴったりの色合いといえるでしょう。たくさんの小さく可愛いお花を咲かせてくれるので、コンパクトにまとまりやすい点も人気の秘密。スペースが限られている玄関や、ベランダなどでも楽しめます。

暑さが本格化する前に植えておけば、春を過ぎた5月頃の夏から秋まで長く楽しめるでしょう。
乾燥した環境を好む花なので、過湿状態が続くと根が傷んだり、葉が黄化して枯れたりする可能性があります。水やりは土が十分に乾いてから、鉢底から流れ出るぐらいの多くの水をたっぷり与えましょう。

夏のガーデニングにおすすめの花② サンパラソルシリーズ

夏のガーデニングにおすすめの花② サンパラソルシリーズ

続いてご紹介する夏の花は、「サンパラソルシリーズ」。
こちらの花は、鉢植えや立体的なアレンジ、グリーンカーテンなど、自分の好みに合わせて3タイプから選べます。

例えば、つるがゆっくりと伸び花が早く咲く「サンパラソル」は、まとまりの良い夏の花。小鉢に植えて楽しむ他、寄せ植えでも活躍します。花を早く楽しみたい方や、園芸にはじめて挑戦するガーデニング初心者の方におすすめです。

一方で、つるがぐんぐん伸びる「サンパラソルビューティ」は、つるを活かした様々なアレンジが楽しめる花。トレリスやアーチなどを用いた、おしゃれな仕立てにこだわりたい方におすすめです。

育つと赤い色の花を咲かせる種類を多く見かける「サンパラソルジャイアント」は、つるが伸び、大輪の花が咲くのでグリーンカーテンを楽しみたい方におすすめ。しなやかに伸びるので、立体的なアレンジにも最適です。

このように、鉢植えやグリーンカーテンなど、好みに合わせて楽しめる点が大きな魅力のサンパラソルシリーズ。根に水分を蓄える特性があるので水切れに強く、手間がかからない点も嬉しいポイントです。

関連記事:お部屋を彩るお花のサブスクどう使う?おすすめの活用アイデア

夏のガーデニングにおすすめの花③ ロフォス

夏のガーデニングにおすすめの花③ ロフォス

最後にご紹介する「ロフォス」は、ぐんぐん伸びるつるが美しくしだれ咲く夏の花です。

育てやすいので、ガーデニング初心者の方にもおすすめの花です。花色は、ピンクとホワイトの二色のラインナップの品種があります。爽やかな葉色と、風でそよぐ涼しげな姿は、夏にもぴったりです。
プランター植えでベランダや窓辺などに垂らせば、下階のグリーンカーテンにもなります。

育てる際には、植え付けから2~3週間程度「摘芯」を繰り返しましょう。2~3度繰り返すことで次々と芽数が増え、ボリュームのある株に仕上がります。

暑さや水切れに強いので、夏のガーデニングにも最適です。花の彩りも楽しめるため、おしゃれなグリーンカーテンを作りたい方には特におすすめの花といえるでしょう。

関連記事:夏の花壇のレイアウトアイデア例4選!切り替え時期と成功のコツ

まとめ

今回は、暑さに強い夏の花を選ぶコツや注意すべきポイントを中心にご紹介しました。

夏にお花を楽しみたいのであれば、暑さが本格化する前の植え付けを。そうすることで、暑さや乾燥のストレスがない、元気で丈夫な株に育ちます。
作業が大変になる夏の暑い時期だからこそ、ガーデニングにもちょっとした工夫が必要です。

今回の記事を参考に、今年の夏はおうちの庭やベランダで夏のガーデニングを楽しみましょう。

関連記事:初夏に人気の花20選!ジャンル別におすすめをご紹介

関連記事:秋の花のガーデニング|初心者におすすめ5選!育て方とポイント

RECOMMENDED ITEM