2023/05/24

ドライフラワーと花瓶で叶える理想のインテリア|おしゃれな飾り方も解説

ドライフラワーは生花と異なり、長期間楽しめるうえにお手入れもほとんどいりません。
最近では、インテリアとして気軽に取り入れている人も多いでしょう。

組み合わせる花瓶によってドライフラワーの雰囲気は大きく変わるので、さまざまなアレンジが楽しめるのも魅力の一つ。
一方で、花瓶の選び方に悩む人も多いのではないでしょうか?

この記事では、ドライフラワーと花瓶の組み合わせ方やおすすめの花瓶、花瓶以外のアレンジ方法について解説します。

ドライフラワーは花瓶に入れると
素敵なインテリアになる

ドライフラワーは、花瓶やフラワーベースに入れて置いておくだけでも、素敵なインテリアになります。
お水を必要としないため、生花では飾りづらい場所にも適しています。

組み合わせる花瓶の大きさやデザインによってドライフラワーの表情は大きく変わるため、アレンジは無限大。
空間を自由に演出できるのが魅力です。

ドライフラワーにおすすめの花瓶|
素材や形を紹介

ドライフラワーにおすすめの花瓶には、どのようなタイプがあるのでしょうか。

ドライフラワーは、組み合わせる花瓶によって印象を大きく変えられます。
まずは、自分が目指すイメージを思い浮かべながら、いろいろと組み合わせてみましょう。

素材

ドライフラワーと相性の良い花瓶には、次の素材のものがあげられます。

  • ガラス
  • 陶器
  • ブリキ
  • プラスチック

ガラスや陶器は花瓶として一般的ですが、ブリキやプラスチックもドライフラワーと相性が良い素材です。

例えば、ブリキの花瓶や水差しにドライフラワーを組み合わせるとアンティークな雰囲気を演出できます。
プラスチックの花瓶は割れる心配がないため、小さいお子様やペットのいる場所でも安心して使える特徴があります。

ドライフラワーは、組み合わせる花瓶の形によっても印象を変えられます。

飾りたいドライフラワーの長さやボリュームにより適した形も変わるため、花瓶の組み合わせを考える時間も楽しみのひとつです。

筒状

ストレートな筒状のタイプ。
茎が広がらず安定感があるので、初心者にもおすすめの形です。
背の高いドライフラワーにも適しており、フラワー1本でも複数束ねたブーケでもおしゃれに飾れます。

つぼ型

口が狭いのが特徴。
一輪挿しや、2〜3本の少量を飾るのに向いています。
コロンとした形状が可愛らしく、さりげないインテリアとして人気。

ラッパ型

バランスを取るのに少し苦労しますが、華やかでおしゃれなインテリアになります。
美しく飾るためにはドライフラワーをたくさん必要とするので、少量には不向きです。

デザイン性のあるもの

花瓶自体に個性があり、おしゃれなタイプ。
深く考えなくてもインテリアとして成立しやすいので、自分のイメージに合った花瓶を用意しておきましょう。

ドライフラワーを花瓶にいれて
叶えるインテリアイメージ

ドライフラワーは、使用する花瓶のタイプによってイメージが大きく変わります。
花瓶の大きさや形、素材の組み合わせによって印象を変えてくれる点が魅力です。

自分が叶えたいインテリアのイメージに合わせて、花瓶を自由に選んでみましょう。
下記は一例ですが、ドライフラワーと花瓶の組み合わせ方を表にしたものです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドライフラワーの長さ花瓶の形、タイプ花瓶の素材演出できるイメージの例
15cm~20cm
  • 一輪挿し
  • 陶器
  • ガラス
  • かわいらしい
  • ナチュラル
20cm~40cm
  • つぼ型
  • 筒状
  • ラッパ型
  • 陶器
  • ガラス
  • かわいらしい
  • ナチュラル
  • おしゃれ
20cm~40cm
  • 水差し型
  • ブリキ
  • 陶器
  • アンティーク
  • 北欧
  • ナチュラル
50cm~70cm
  • 筒状
  • 陶器
  • ガラス
  • エレガント
  • おしゃれ

一般的に、花と花瓶の大きさは1:1もしくは1:1.5が理想的とされています。

ドライフラワーを
花瓶以外で飾る方法3選

ドライフラワーは、花瓶以外の飾り方でもインテリアとして取り入れやすいのが特徴です。

生花と違い水分を必要としないため、ドライフラワーのアレンジは自由自在。
ドライフラワーを、インテリアとして気軽に取り入れるための方法を紹介します。

必ずしも花瓶を必要としないのが、ドライフラワーの魅力のひとつでもあるのです。

1. ガーランドとして

最近はインテリアとして浸透している、ドライフラワーのガーランドを楽しむこともできます。
いくつかの小さなドライフラワーブーケにリボン付きで販売されている商品もあります。

ドライフラワーだけでなく、お好きなモチーフやフラッグ等と組み合わせて、好みの雰囲気を演出できます。

2. パッケージのまま

インテリアショップや雑貨屋さんでは、少量のドライフラワーがかわいくパッケージされて売られています。

そのままでも十分インテリアとして魅力的なので、ピンで壁に固定するだけで空間を演出できますよ。
壁が寂しい場合は、コルクボードやファブリックを背景に利用すると、立体感が生まれます。

3. スワッグ

近年、非常に人気のあるスワッグ。
小ぶりのものから、ボリューム感のあるものまで幅広く存在します。

つるすだけでおしゃれな雰囲気を出せるので、誰でも手軽に取り入れられます。
玄関先にハーブのスワッグを飾っておくと、来客時に香りを楽しんでもらえて効果的。

ドライフラワーを
インテリアにする際の注意点

お手入れがほとんどいらず、水やりも水替えも不要なドライフラワー。
お手軽なようですが、インテリアとして楽しむ際の注意点もいくつかあります。

  • 直射日光を避ける
  • 湿気
  • 風通し

少し意識するだけで長期間ドライフラワーを楽しめますので、参考にしてくださいね。

直射日光を避ける

ドライフラワーを窓辺に飾りたいと考える人は多いでしょう。

しかしながら、ドライフラワーは直射日光を好みません。
窓辺に飾る場合は、直射日光があたる時間は移動させる等の対策をして楽しみましょう。

湿気

ドライフラワーは湿気を好みません。
じめじめした場所に飾ってしまうと、カビや虫の発生につながります。
部屋の中でも冬場には結露しやすい場所や、水回りは避けた方が良いでしょう。

風通し

ドライフラワーは、常に風通しの良い場所に飾ってください。
乾燥させた状態を保持すると、傷みを防げて長期間ドライフラワーを楽しめます。

ドライフラワーや素敵な花瓶を一覧で!
特別なお花を選ぶなら花百花

シンプルなホワイトから高貴なゴールド、落ち着いた木製や真鍮の煌めく花器から、シンプルでモダンなガラスのボトルまで、ドライフラワーと共に理想の空間を創り上げるアイテムとして、素敵な花器はとても大切です。

「花百花(はなひゃっか)」で選ぶお花をあなたのインテリアの一部にして、自宅を素敵な空間へと模様替えしましょう。
お花と花器のサイズや高さ、カラーの種類も豊富にご用意していますので、あなただけのドライフラワーを創り出すことができます。

花百花のサービスでは、簡単な検索であなたの好みのドライフラワーを選択可能です。
初めてドライフラワーを取り入れる方にも、我々の「お花コンシェルジュ」がしっかりとサポート。
あなたの家の風や部屋の雰囲気、用途(自宅のディスプレイか、プレゼントか、など)に合わせて、最適な選択をご提案します。

また、商品代金11,000円以上で一部地域への送料が無料となります。
新鮮なお花を、日本全国へ手軽にお届けしましょう。
遠方に住む大切な人へのプレゼントにも、ご自宅での鑑賞用にも最適です。

≫ ≫ドライフラワー|花百花 ‐hanahyakka‐

ドライフラワーを花瓶に飾って
思い通りのアレンジを楽しむ

ドライフラワーは、生花とは違いほとんどお手入れもいらず、水を必要としない点が特徴です。

そのため自由度が高く、思い通りに空間の演出が楽しめます。
組み合わせる花瓶によって、表情を変えるのも魅力のひとつ。

ぜひ、お気に入りの花瓶との組み合わせを楽しんでみてくださいね。

RECOMMENDED ITEM